本文へジャンプ




 
を公開しています。登録などのご要望は事務局まで。
(操作マニュアルはこちら。)

What's New 

(2017年4月28日更新)_お知らせに 「 調停人(メディエーター)養成講座基礎編(JAA主催)」のご案内を掲載しました

(2017年3月31日更新)会員一覧を更新しました。

___________お知らせに 「 調停人(メディエーター)養成講座入門編(JAA主催)」のご案内を掲載しました

 

(2017年 2月 7日更新)お知らせに 「 自動運転車社会における責任問題はどう解決すべきか?」のご案内を掲載しました

 

(2017年1月13日更新)お知らせに  「 (東京)実務研修・実務情報交換会」のご案内を掲載しました

 

(2016年11月4日更新)お知らせに  「 (大阪)実務研修・実務情報交換会」のご案内を掲載しました

 

(2016年9月14日更新)お知らせに 「メディエーションスキル集中トレーニングプログラム実施のお知らせ」を掲載しました

 

(2016年9月13日更新)お知らせにJAA「調停人養成講座 基礎編」の申込募集のご案内を掲載しました

 

(2016年8月29日更新)活動報告を更新しました

 

(2016年8月1日更新)お知らせに 「 震災ADR シンポジウム 〜仙台から熊本へ〜 」のご案内を掲載しました

 

(2016年7月22日更新)会員一覧定款ファイル議事録・決算公告役員一覧を更新しました。

 

(2016年6月27日更新)お知らせに JAA「調停人養成講座 基礎編」の申込募集のお知らせを掲載しました

 

(2016年6月10日更新)お知らせに 「 シンポジウム ADR利用者による評価を実務にどう活かすか」のご案内を掲載しました

 

(2016年6月3日更新)お知らせに「 医療領域における院内メディエーターについて」のご案内を掲載しました

 

(2016年1月29日更新)お知らせに「(東京)実務研修・実務情報交換会」を掲載しました。

 

*  *  *


(2014年3月20日更新)<ADR法改正の状況 を掲載しました>  ・・・経緯・詳細はこちらをご参照ください。

  ADR法は、附則第2条において「施行後5年を経過した場合」に、「法律の施行の状況について検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする」との規定に対応し、法務省において、2013年2月に発足した「ADR法に関する検討会」の検討結果と取りまとめた「ADR法に関する検討会報告書」が、2014年3月17日、法務大臣に対し提出されました。
報告書内容と、これに関する当協会からのコメントを掲載しましたので、ご確認ください。
 
「ADR法に関する検討会報告書」 
 
■一般財団法人日本ADR協会からのコメント



お知らせ

 過去のお知らせ         
 過去のイベント等(旧サイト) 

・シンポジウム等開催のご案内を掲載しています
 

■2017.4.28

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

JAA「調停人(メディエーター)養成講座(基礎編)」の開催のお知らせ

    http://arbitrators.jp/public/1470

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日時__2017年7月1日(土)〜2日(日)

____時間:1日目 11時〜17時  2日目 9時30分〜17時

会場__飯田橋レインボービル2A会議室

 

▼対象

 調停、あっせんなど、和解の仲介を進める技法を体系的に学びたい方

 (特段の資格は必要としませんが、過去に調停の技術に関するセミナー等(当協 会 によるもので

 なくても構いません)を受講している方に照準をあて講義を進めま す)

 

例1)裁判所調停委員、民間調停等で調停人をされている方

例2)企業法務・人事などで、社内のトラブルの解決にあたっている方

例3)弁護士、司法書士、行政書士、社労士などでADRに関心のある方

例4)ADR法上の認証機関で調停人候補者となる可能性のある方

例5)医療関係者等で、メディエーション技法を学びたい方

例6)弁護士、ロースクール教員等でADRの教え方を知りたい方

例7)カウンセラー、コーチなどで葛藤や紛争の扱い方を学びたい方

 

▼講師

稲葉一人(元大阪地方裁判所判事・中京大学法科大学院教授)

入江秀晃(九州大学法学部准教授(紛争管理論))

 

▼定員

35名(先着順で定員に達し次第、受付を締め切ります)

 

▼受講料

3万5000円(資料代を含む)。ただし、日本仲裁人協会会員は3万円

 

▼プログラム(進行内容は変更の可能性があります)  

1日目

導入

相談を考える

調停を見る(具体事例の即興での実演から学ぶ)  

 

2日目

調停をはじめる−いかに土俵をつくるか

調停を拡げる−「聴く」から「課題」へ

調停ロールプレイ


...............................................................

・アンケート集計を掲載しています
    「ADR機関と相談機関との連携に関するアンケート調査」にご協力いただきありがとうございました。
    集計結果を掲載いたしました。下記リンクよりご覧下さい(PDFファイル)。

     
回収・集計概要

     調査票A(ADR機関向け)                      調査票B(相談機関向け)


      
集計結果A-T   集計結果A-U          集計結果



  
・会員のご登録内容に変更があった場合は、事務局までご連絡をお願いします。



 
 copyright©2013 Japan ADR Association all rights reserved.