本文へジャンプ




<過去のお知らせ>

 

■2018.8.10

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

JAA「調停人(メディエーター)養成講座  中級編」のお申込み募集お知らせ

http://arbitrators.jp/public/1791

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼日時:2018年10月13日(土)−10月14日(日)

  時間:1日目:11時〜17時、2日目:9時30分〜17時

 

▼会場:飯田橋レインボービルC会議室

 

▼講師:

 

稲葉一人(元大阪地方裁判所判事・中京大学法科大学院教授)

入江秀晃(九州大学法学部准教授(紛争管理論))

 

詳細は、以下のリンクをご参照ください。

http://arbitrators.jp/public/1791

 

 

■2018.8.25

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

国際シンポジウム「AI・ビッグデータ時代の紛争ガバナンス ―Online Dispute Resolution −」

のお申込み募集お知らせ

http://www.law.hit-u.ac.jp/content/images/bl/symposium/180921onlinedisputeresolution.pdf

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【開催日時】2018年9月21日(金)13時〜17時

【会  場】一橋講堂内会場(東京都千代田区一ツ橋2−1−2 学術総合センター)

【参 加  費】無料

【言  語】日本語・英語(同時通訳あり)

【申込方法】申込フォームにて https://hrs.ad.hit-u.ac.jp/v33/entries/add/151

       ※締め切り8月31日

 

詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

 

■2018.6.15

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       (日本ADR協会主催シンポジウム)

      ITはADR利用拡大につながるか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

本年のシンポジウムでは、パネルディスカッション「IT は ADR の利用拡大につながるか?」を開

催いたします。昨年の“ADR 3.0”の議論を前奏曲として、IT技術の利活用によりADRへのアク セ

スを容易化し、利用拡大を図る戦略―“ADR における IT 戦略”―をテーマとするものです。 裁判

手続についても IT 化の方向性が打ち出されていますが、ADR においてはより一層のアクセシ

ビリティが期待されております。 パネルディスカッションでは、第1に、当事者が遠隔地にいる

場合の遠隔地間 ADR の実施例を具体的にご紹介し、メリット、 実務上・法制上の留意点につい

て検討いたします。 第2に、当協会で試験開発中のオンラインで簡単に申込み等ができる新シ

ステム(プラットフォーム)を初めて公表する予定で、その実用化の意義や改善点などを議論したい

と考えています。第3に、専門家をパネリストにお迎えし、海外ですでに広く実施され、効果を挙

げているADR における IT 利用、最新情報をご紹介するとともに、AI による手続実施など近未来

の ADR のあり方など、今後の IT 戦略の方向性や ADR 利用の変容の可能性などについても示

唆を得たいと考えております。

 

◆当日のインターネット配信の録画はこちら

<https://www.youtube.com/watch?v=vXBdqZJSjLs&t=1679s>

当日資料は、こちらです。

 

  1.日 時:201 8年7月13日(金)14:00〜17:00

  2.会 場:公益社団法人商事法務研究会 3階会議室

         東京都中央区茅場町3−9−10 茅場町ブロードスクエア

         https://www.shojihomu.or.jp/p002

  3.概 要:<こちらをご覧ください>  

  4.お申込み方法

こちらの URL<https://goo.gl/forms/jeh1lSol1MAZXIXh1>にアクセスしていただくか、参加申込書こちら>に必要事項をご記入のうえ, 電子メール(jadra_sec@shojihomu.or.jp)または FAX(03-5643-7186)にてこ返送ください。締切は 7 月 5 日(木)となります。今回は,インターネットによる配信も行います。

 

・参加費用は、当日、受付にてお支払ください。

当協会の正会員・賛助会員は、年会費 1 口につき 1 名無料です(懇親会も無料)。

非会員の方(1 名分)は、シンポジウム参加費 3,000 円、懇親会参加費 2,000 円になります。

 

 

 

■2018.6.8

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「模擬国際仲裁―5G時代のSEP紛争の早期解決に向けて―」開催案内

    http://www.mock-ip-int-arbitration.go.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

特許庁では、6月29日(金)に模擬国際仲裁を開催します。

 本模擬国際仲裁では、各国の知財紛争解決の第一人者を仲裁人として迎え、5G(第5世代移動通信システム)

時代を想定した模擬国際仲裁を実演することにより、国際仲裁が標準必須特許(SEP)を巡る紛争をどのように

解決し得るのかといった点について、特に特許権の特徴的な論点である侵害論と損害論にフォーカスして具体

的に示します。 多数の皆様の御参加をお待ちしております。

 

 「模擬国際仲裁―5G時代のSEP紛争の早期解決に向けて―」

 

日時:2018年6月29日(金)9:00-18:00(予定)

会場:東京大学 安田講堂(東京都文京区本郷7-3-1)

開催案内:http://www.mock-ip-int-arbitration.go.jp/

申込フォーム:https://comm.stage.ac/mock_arbitration/index.html

 

==================問合せ先==================

特許庁総務部総務課 津幡・福山

特許庁審判部審判課 高橋・高田

電話:03-3581-1101 内線3613

============================================

 

■2018.5.7

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

JAA「調停人(メディエーター)養成講座 基礎編」の開催のお知らせ

    http://arbitrators.jp/public/1723

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼日時:2018年6月30日(土)−7月1日(日)

  時間:1日目:11時〜17時、2日目:9時30分〜17時

 

▼会場:飯田橋レインボービルC会議室

 

▼講師:稲葉一人(元大阪地方裁判所判事・中京大学法科大学院教授)

入江秀晃(九州大学法学部准教授(紛争管理論))

 

▼定員:35名(先着順で定員に達し次第、受付を締め切ります)

▼受講料:3万5000円(資料代を含む) ただし、日本仲裁人協会会員は3万円

▼問合わせ:〒100-0013東京都千代田区霞が関1−1−3

(公社)日本仲裁人協会事務局(担当 饒平名(のひな))

電話03-3580-9870/FAX 03-3580-9899

 

▼申込方法:添付の申込書を提出してお申し込み下さい。

申込締切日:2018年5日25日(金)

 

注意事項:

申込書を提出いただいたら、当協会事務局より、2・3営業日中に申込書の受領確

認をEメールにてさせていただきます。

申込締切日までに、お申込者が開講に必要な人数に達しない場合は、本講座の開

催を中止させていただく場合がございます。中止の場合は、当協会から、2018年5日

30日(水)以降にEメールで個別に連絡差し上げます。また、開催するか否かについ

ては、2018年6月1日(金)頃に、当協会HPにも掲載いたしますので、ご確認いただ

きますようお願い申し上げます。

※5月25日までに最少催行人数に達し開講が決定すれば,申込期間を6月中旬まで

延長する予定です。

 

詳細は、以下のリンクをご参照ください。

http://arbitrators.jp/public/1723

 

 

<ADR法の改正 に関するアンケートご協力のお願い>

(2017年12月28日更新)  ADR法は、施行後10年を迎え、当協会では、ADR法の下における10年の経験を踏まえた協会内外のご意見に基づき、改めて法改正の必要性及びその内容についての提言をとりまとめることといたしました。 このアンケートは、そうした検討作業のための不可欠の基礎資料となるものであり、皆様には、趣旨をご理解賜り、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。このアンケートの集計結果を踏まえ、明年2月及び3月に予定しております当協会実務情報交換会において、提言の原案をお示しし、協会内外の皆様のご意見を伺ったうえで、新たな提言をとりまとめることを予定しております。 なお、このアンケートは、会員・非会員、団体・個人を問わず、どなたでもご回答 頂けますので、ぜひ、多くの皆様にご協力いただけましたら幸いです。  ■「ADR法に 改正に関するアンケートご協力のお願い(PDFファイル、WORDファイル)」     ※お手数ですが上記のPDFファイルまたはWORDファイルをダウンロードしてご回答ください。 ご回答方法:    ご回答は、電子ファイルまたは記入したものを日本ADR協会事務局まで、電子メールまたはご郵送にてお送りください。 回答の締め切り:    2018年1月22日までにご回答いただけましたら幸いです。

 

■2018.2.13

——————————————————————————————————————————

   「 (東京)実務情報交換会」(主催:日本ADR協会)」

 ——————————————————————————————————————————

   1.日 時 : 2018年3月1日(木)  14時〜17時 (終了後、懇親 会)

   2.会 場 : 商事法務研究会 3階会議室

           東京都中央区日本橋茅場町3−9−10 茅場町ブロードスクエア

         http://www.shojihomu.or.jp/p002

  3.概 要

    ◆第1部 実務情報交換会◆

     「ADR法制の改正・改善に向けて

      〜 ADR法施行10年を経て、改めて法と制度の見直しを提言する」

    ◆第2部 実務情報交換会◆

         日本ADR協会からの報告、意見交換、質疑

         ※終了後、懇親会開催

  4.お申込み方法

     参加申込書に必要事項をご記入のうえ、2018年2月22日(木)までに、  

    本協会事務局まで電子メール(jadra_sec@shojihomu.or.jp)またはFAX(03- 5643-7186)

     にてご送信ください(FAXでもお受けしておりますが、できるだけ 電子メー ルにてお願い

    いたします)。折り返し、お申込み受理のご連絡をさせて いただきます。     

   

    <参加費> 

       ・正会員・賛助会員の方  : 年会費1口につき1名無料

       ・会員以外の方(1名につき): 第1部・第2部を通じて3,000円 (懇 親会費用として別途2,000円)  

    ※ 参加費は、当日受付で徴収させていただきます。

 

 プログラム概要および申込書のダウンロード

 

 

■2018.1.22

——————————————————————————————————————————

   「 (大阪)実務情報交換会」(主催:日本ADR協会)」

 ——————————————————————————————————————————

   1.日 時 : 2018年2月16日(金)  14時〜17時 (終了後、懇親 会)

   2.会 場 : 淀屋橋サンスカイルーム 8階 8B室

           大阪市中央区高麗橋4丁目2番16号 大阪朝日生命館

         http://www.sunskyroom.jp/yodoyabashi.htm

  3.概 要

    ◆第1部 実務情報交換会◆

     「ADR法制の改正・改善に向けて

      〜 ADR法施行10年を経て、改めて法と制度の見直しを提言する」

    ◆第2部 実務情報交換会◆

         日本ADR協会からの報告、意見交換、質疑

         ※終了後、懇親会開催

  4.お申込み方法

     参加申込書に必要事項をご記入のうえ、2018年2月7日(水)までに、  

    本協会事務局まで電子メール(jadra_sec@shojihomu.or.jp)またはFAX(03- 5643-7186)

     にてご送信ください(FAXでもお受けしておりますが、できるだけ 電子メー ルにてお願い

    いたします)。折り返し、お申込み受理のご連絡をさせて いただきます。     

   

    <参加費> 

       ・正会員・賛助会員の方  : 年会費1口につき1名無料

       ・会員以外の方(1名につき): 第1部・第2部を通じて3,000円 (懇 親会費用として別途2,000円)  

    ※ 参加費は、当日受付で徴収させていただきます。

 

 プログラム概要および申込書のダウンロード

 

■2017.9.27

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       (日本ADR協会主催シンポジウム)

      ADRによる紛争解決到達点と可能性

        〜ADR法施行10年を迎えて〜   

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆当日のインターネット配信はこちら

<http://www.ustream.tv/channel/jadra>

 

  1.日 時:2017年11月10日(金)13:45〜17:15(13:15開場)

  2.会 場:大手町サンスカイルーム 27階A室

         東京都千代田区大手町2−6−1 朝日生命大手町ビル27階

         http://www.sunskyroom.jp/otemachi/traffic.htm

  3.概 要:<こちらをご覧ください>  

  4.お申込み方法

参加申込書こちら>に必要事項をご記入のうえ,10月31日(火)までに,お申込みください(先着200名まで)。今回は,インターネットによる配信も行います。

* お申込みは,お手数をおかけしますが,お一人様ずつお願いいたします

(1回に複数のご登録はできません)。

* 一度お申込みいただいた後,ご変更等ございましたら,電子メール

<jadra_sec@shojihomu.or.jp>にてご連絡ください。

* お申込み受理のご連絡はいたしません。

* 当日会場でご出席される場合は,受付でお名刺または申込画面をプリントアウトしたものをお持ちください。

      

[参加費] 無 料

* 懇親会に参加される方は,懇親会の受付時に3,000円いただきます。

 

■2017.7.31

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

JAA「調停人(メディエーター)養成講座(中級編)」の開催のお知らせ

    http://arbitrators.jp/public/1565

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日時__2017年10月14日(土)〜10月15日(日)

____時間:1日目 11時〜17時  2日目 9時30分〜17時

会場__飯田橋レインボービルA会議室

 

▼対象

 調停について一定の知識のある方

 

▼講師

稲葉一人(元大阪地方裁判所判事・中京大学法科大学院教授)

入江秀晃(九州大学法学部准教授(紛争管理論))

 

▼定員

35名(先着順で定員に達し次第、受付を締め切ります)

 

▼受講料

3万5000円(資料代を含む)。ただし、日本仲裁人協会会員は3万円

 

▼申し込み締め切り

2017年9月8日(金)

(お申込者が開講に必要な人数に達しない場合は、本講座の開催を中止

させていただく場合がございます。また開催するか否かは、2017年9月12日

ころ、申込者には個別にEメールで連絡申し上げ、また当協会HPで発表させ

ていただきますので、ご確認いただきますようお願い申し上げます)

 

詳細は、以下のリンクをご参照ください。

http://arbitrators.jp/public/1565

 

■2017.10.3

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【法務省】平成29年度法の日フェスタ in赤れんが

●実演模擬調停−民間の紛争解決サービスで身近なトラブルを解決!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  法務省では法の日週間のイベントとして,毎年「法の日フェスタ」を開催していま

すが,今年は,認証ADR(通称「かいけつサポート」)の普及や利用促進を図るた

め,模擬調停を実施するとのことです。

 

1.日 時:2017年10月7日(土)10:30〜12:00

2.会 場:法務省 赤れんが棟第一教室(3階)

3.概 要:<法務省ホームページをご覧ください>

4.お申し込み方法  

 このプログラムは事前申込が必要となります(先着40名,中学生以上どなたでも申込みできます。)。

詳しくは,法務省ホームページをご覧ください。  

 [参加費]無 料

 

 (以下,法務省ホームページから抜粋。)  

 法務大臣の認証を受けた民間の紛争解決サービスを利用することによって、自転車事故によるトラブルが、

話合いを通じて解決されるまでの様子を、迫力ある劇で実演します!  少人数のグループに分かれて、

話合いによる解決のポイントはどこにあるのかなどをプロの法律家と一緒に考えながら、普段見ることがで

きない調停手続を御覧いただきます。  誰の身にも起こり得る自転車事故のトラブル解決、是非御参加く

ださい!  

 

リンク先URL

http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00446.html

※ 法務省ホームページ「平成29年度法の日フェスタ in赤れんが」

 

 

 

■2017.4.28

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

JAA「調停人(メディエーター)養成講座(基礎編)」の開催のお知らせ

    http://arbitrators.jp/public/1470

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日時__2017年7月1日(土)〜2日(日)

____時間:1日目 11時〜17時  2日目 9時30分〜17時

会場__飯田橋レインボービル2A会議室

 

▼対象

 調停、あっせんなど、和解の仲介を進める技法を体系的に学びたい方

 (特段の資格は必要としませんが、過去に調停の技術に関するセミナー等(当協 会 によるもので

 なくても構いません)を受講している方に照準をあて講義を進めま す)

 

例1)裁判所調停委員、民間調停等で調停人をされている方

例2)企業法務・人事などで、社内のトラブルの解決にあたっている方

例3)弁護士、司法書士、行政書士、社労士などでADRに関心のある方

例4)ADR法上の認証機関で調停人候補者となる可能性のある方

例5)医療関係者等で、メディエーション技法を学びたい方

例6)弁護士、ロースクール教員等でADRの教え方を知りたい方

例7)カウンセラー、コーチなどで葛藤や紛争の扱い方を学びたい方

 

▼講師

稲葉一人(元大阪地方裁判所判事・中京大学法科大学院教授)

入江秀晃(九州大学法学部准教授(紛争管理論))

 

▼定員

35名(先着順で定員に達し次第、受付を締め切ります)

 

▼受講料

3万5000円(資料代を含む)。ただし、日本仲裁人協会会員は3万円

 

▼プログラム(進行内容は変更の可能性があります)  

1日目

導入

相談を考える

調停を見る(具体事例の即興での実演から学ぶ)  

 

2日目

調停をはじめる−いかに土俵をつくるか

調停を拡げる−「聴く」から「課題」へ

調停ロールプレイ

 

 

■2017.3.31

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

JAA「調停人養成講座  入門編」の開催のお知らせ

    http://arbitrators.jp/public/1448

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日時__2017年4月19日(水)

____時間:18時〜20時 (開場17時30分)

会場__弁護士会館17階1701会議室

      日本弁護士連合会内

      〒100-0013 東京都千代田区霞が関1−1−3

講師__斉藤睦男弁護士(仙台弁護士会、ひろむ法律事務所)

内容   講演:ADRへの招待 − 実践的調停過程論から − 

定員__100名(定員に達し次第、受付を締め切ります)

参加費_無料

____参加申込書に必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。

 

■2017.2.7

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  「 自動運転車社会における責任問題はどう解決すべきか?」

    (主催:電子情報技術産業協会 ITS事業委員会/自動走行システム研究会 /当協会共催)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1.日 時 : 2017年2月23日(木)  14時〜17時15分 (受付開始13時15分)
  2.会 場 : 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

           東京都千代田区神田駿河台4−6 御茶ノ水ソラシティ

         http://solacity.jp/cc/index.html

  3.概要

      添付のプログラム概要をご参照ください。

      プログラム概要ダウンロード

 

  4.お申込み方法

    

    事前申込制。下記URLページにある「受講申込フォーム」よりお申込みください。

    申込URL:https://39auto.biz/jeita/touroku/thread35.htm

 

    申込期限:平成29年2月20日(月)

        ただし、申込期限までに定員に達した場合は、その時点で締め切らせていただきます。

   

    <参加費> 

       ・4,000円 (参加費のお支払は、当日現金でお願いいたします。)


 プログラム概要ダウンロード

 

■2017.1.13

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  「 (東京)実務研修・実務情報交換会」
(主催:日本ADR協会)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1.日 時 : 2017年2月21日(火)  14時〜17時 (終了後、懇親会)
  2.会 場 : 商事法務研究会 3階会議室

           東京都中央区日本橋茅場町3−9−10 茅場町ブロードスクエア

         https://www.shojihomu.or.jp/p002

  3.概要

   ◇テーマ : ADR機関としてのアウトリーチのあり方に関するワークショップ

         〜ADRを活用できる人を増やすために、何ができるだろうか?

   ◇講 師 : 広石拓司氏(株式会社エンパブリック代表取締役)

 
<講師からのメッセージ>

ADRのように、市民にとって新しく、慣れていない概念をどう広げ、利用してもらうか−。それは、多くのNPO等の活動にとっても重要な課題であり、現在、さまざまなチャレンジが行われています。 NPO等の社会課題解決型の事業が行ってきたPRやネットワークの活用法を紹介し、効果的に行うポイントをお伝えすることで、ADRの普及のお手伝いができればと考えています。

   ◇構 成

        第一部 実務研修(ワークショップ)

        第二部 実務情報交換会

             日本ADR協会からの報告、意見交換、質疑

        ※終了後、懇親会開催

  4.お申込み方法

    参加申込書に必要事項をご記入のうえ、2017年2月14日(火)までに、  

    本協会事務局まで電子メール(jadra_sec@shojihomu.or.jp)またはFAX(03- 5643-7186)

    にてご送信ください(FAXでもお受けしておりますが、できるだけ 電子メールにてお願い

    いたします)。折り返し、お申込み受理のご連絡をさせて いただきます。     

   

    <参加費> 

       ・正会員・賛助会員の方  : 年会費1口につき1名無料

       ・会員以外の方(1名につき): 第1部・第2部を通じて3,000円 (懇親会費用として別途2,000円)

 

    ※ 参加費は、当日受付で徴収させていただきます。


 プログラム概要及び申込書のダウンロード

 

 

■2016.11.4

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  「 (大阪)実務研修・実務情報交換会」
(主催:日本ADR協会)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  1.日 時 : 2016年12月19日(月)  14時〜17時 (終了後、懇親会)
  2.会 場 : 淀屋橋サンスカイルーム 9階 9A号室

           大阪市中央区高麗橋4丁目2番16号 大阪朝日生命館

         http://www.sunskyroom.jp/yodoyabashi.htm

  3.概要

   ◇テーマ : ADR機関としてのアウトリーチのあり方に関するワークショップ

         〜ADRを活用できる人を増やすために、何ができるだろうか?

   ◇講 師 : 広石拓司氏(株式会社エンパブリック代表取締役)

 
<講師からのメッセージ>

ADRのように、市民にとって新しく、慣れていない概念をどう広げ、利用してもらうか−。それは、多くのNPO等の活動にとっても重要な課題であり、現在、さまざまなチャレンジが行われています。 NPO等の社会課題解決型の事業が行ってきたPRやネットワークの活用法を紹介し、効果的に行うポイントをお伝えすることで、ADRの普及のお手伝いができればと考えています。

   ◇構 成

        第一部 実務研修(ワークショップ)

        第二部 実務情報交換会

             日本ADR協会からの報告、意見交換、質疑

        ※終了後、懇親会開催

  4.お申込み方法

    参加申込書に必要事項をご記入のうえ、2016年12月9日(金)までに、  

    本協会事務局まで電子メール(jadra_sec@shojihomu.or.jp)またはFAX(03- 5643-7186)

    にてご送信ください(FAXでもお受けしておりますが、できるだけ 電子メールにてお願い

    いたします)。折り返し、お申込み受理のご連絡をさせて いただきます。     

   

    <参加費> 

       ・正会員・賛助会員の方  : 年会費1口につき1名無料

       ・会員以外の方(1名につき): 第1部・第2部を通じて3,000円 (懇親会費用として別途2,000円)

 

    ※ 参加費は、当日受付で徴収させていただきます。


 プログラム概要及び申込書のダウンロード

 

■2016.9.14

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メディエーションスキル集中トレーニングプログラム実施のお知らせ

__(同志社大学大学院司法研究科・ペパーダイン大学ロースクール共同実施)

 http://law-school.doshisha.ac.jp/00_info/mediationskillstraining.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日時__2016年11月28日(月)−12月3日(土) ※11月29日を除く5日間

会場__同志社大学東京サテライトキャンパス

____東京都中央区京橋2丁目7番19号京橋イーストビル3階

お問合_同志社大学司法研究科事務室(法科大学院)

____京都市上京区烏丸通上立売下ル御所八幡町103

____emani: ji-ls@mail.doshisha.ac.jp

 

日本語案内資料

 

お申込み、詳細はHP(http://law-school.doshisha.ac.jp/00_info/mediationskillstraining.html)をご覧下さい。

 

■2016.9.13

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

JAA「調停人養成講座 基礎編」の申込募集のお知らせ

    http://arbitrators.jp/public/1352

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日時__2016年11月5日(土)−11月6日(日)

____(時間:1日目:11時〜17時、2日目:9時30分〜17時)

会場__飯田橋レインボービル2階 中会議室

講師__稲葉一人(元大阪地方裁判所判事・中京大学法科大学院教授)

____入江秀晃(九州大学法学部准教授(紛争管理論))

定員__40名(定員に達し次第、受付を締め切ります)

受講料_3万5000円(資料代を含む)

____ただし、日本仲裁人協会会員は3万円

 

 

■2016.8.1
--------------------------------------------------------------------------
_____震災ADR シンポジウム 〜仙台から熊本へ〜

____http://qdaicms.jimdo.com/震災adr/震災adrシンポ/
--------------------------------------------------------------------------
◆ 日時:平成28年8月27日(土)午後3時00分〜午後6時00分
◆ 場所:熊本大学 工学部百周年記念館(熊本大学黒髪南キャンパス)
  http://www.kumamoto-u.ac.jp/campusjouhou/map_kurokami_2 (55番の建物)
 ※当日は、熊本大学構内の駐車場の利用ができますが、空きがない場合も 
 想定されますので、できる限り公共の交通機関を御利用ください。
◆ 入場無料・予約不要
◆ プログラム
 □ 基調講演
  「仙台弁護士会 震災ADRのスピリット」 斉藤睦男弁護士(仙台弁護士会)
 □ 実演
  「申立サポート弁護士の実演」
   竹内 豊弁護士(仙台弁護士会)
   斉藤睦男弁護士(仙台弁護士会)
 □ パネルディスカッション
  パネリスト
   斉藤睦男弁護士(仙台弁護士会)
   阿部弘樹弁護士(仙台弁護士会)
   坂本秀コ弁護士(熊本県弁護士会)※
   松村尚美弁護士(熊本県弁護士会)
   石原明子准教授(熊本大学)
   秋田壮児審議員(熊本県消費生活課)
  司会
   入江秀晃准教授(九州大学)
◆ 主催 熊本大学 大学院社会文化科学研究科 交渉紛争解決・組織経営専門職コース
          紛争解決学・合意形成学の拠点研究
          法学部
◆ 問い合わせ
   入江(九州大学・熊本大学) 電話092-642-3174 hirie@law.kyushu-u.ac.jp
   石原(熊本大学) aishi@kumamoto-u.ac.jp

 

震災ADRシンポチラシ汎用 問い合わせ先 地図付き

 

■2016.6.27
 JAA「調停人養成講座 基礎編」の申込募集のお知らせ

 

 ◆日時:2016年7月23日(土)−7月24日(日)

   (時間:1日目:11時〜17時、2日 目:9時30分〜17時)

 ◆会場:東京都左官工業共同組合 貸し会議室

 ◆対象:調停について一定の知識のある方

 ◆講師:

  稲葉一人(元大阪地方裁判所判事・中京大学法科大学院教授) 

  入 江 秀晃(九州大学法学部准教授(紛争管理論))

 ◆定員:40名(定員に達し次第、受付を締め切ります)

 ◆受講料:3万5000円(資料代を含む) 

  ただし、日本仲裁人協会会員は3万円 ※ キャ ンセルの場合は振込手数料を御負担

  いただきます。

 ◆申込方法:

  添付の申込書に必要事項を記入の上、FAXにてお申し込み下さい。

  受 付 及び参加の可否についてはEメールでお知らせしますので、Eメールを必ずご記入 下 さい。

 ◆申込締め切り:2016年7月1日(金)

  (お申込者が開講に必要な人数に達しない場 合 は、本講座の開催を中止させていただく場合が

  ございます。また開催するか否か は、2016年7月5日ころ、申込者には個別にEメールで連絡申し

  上げ、また当協会 HPで 発表させていただきますので、ご確認いただきますようお願い申し上げま

  す)

  http://arbitrators.jp/public/1294

 

■2016.6.10
  「 シンポジウム  ADR利用者による評価を実務にどう活かすか
(主催:日本ADR協会)
  1.日 時 : 2016年7月8日(金) ( 14時〜17時)
  2.会 場 : 公益社団法人 商事法務研究会 3F会議室
          東京都中央区日本橋茅場町3−9−10 茅場町ブロードスクエア

          http://www.shojihomu.or.jp/map.pdf
  3.概要:  

    ◇テーマ: ADRの利用者による評価を実務にどう活かすか

    ◇全体構成

          (1)開会ご挨拶

          (2)シンポジウム

            パネルディスカッション

             「ADRの利用者による評価を実務にどう活かすか」

             (休憩)

            グループディスカッション

          (3) ご報告 (当協会の最近の取り組みについて)

          (4)閉会

  4.お申込み方法

    申込書に必要事項をご記入のうえ,6月30日(木)までに,本協会事務局まで
    電子メール(jadra_sec@shojihomu.or.jp)またはFAX(03-5643-7186)にて
    ご送信下さい。折り返し,お申込み受理のご連絡をさせていただきます。
    <参加費> ・正会員・賛助会員 : 年会費1口につき1名無料
   _____ _・会員以外の方(1名につき): 第1部・第2部を通じて3,000円
   __________________(懇親会費用として別途2,000円)
   _____
_※ 参加費は,当日受付で徴収させていただきます。

 

    ◇プログラム概要及び参加申込書のダウンロード

 

■2016.6.3
  「 医療領域における院内メディエーターについて」

 

  講 師:和田仁孝(早稲田大学法科大学院教授)

  日 時:2016年6月14日(火) 18:00〜20:00

  会 場:弁護士会館17階会議室1701C

  参加料:無料

  主 催:日本仲裁人協会(JAA)研究委員会

     ※ 詳細はこちらをご覧ください。

       <http://arbitrators.jp/members/1265>

 

 

■2016.1.29
  「 (東京)実務研修・実務情報交換会」
(主催:日本ADR協会)
  1.日 時 : 2016年2月23日(火)  14時〜17時 (終了後、懇親会)
  2.会 場 : 商事法務研究会3階会議室(懇親会:1階会議室)

           〒103−0025 東京都中央区日本橋茅場町3−9−10

          茅場町ブロードスクエア

          http://www.shojihomu.or.jp/map.pdf
  3.概要:  

    ◇テーマ: ADRにおける両当事者の橋渡しと相互影響力 〜ケースマネジメントを中心に〜

           講師: 田中圭子氏 (一般社団法人 メディエーターズ代表理事)

講師より: ADRは、当事者双方が同じプロセスに参加することに同意しスタートするのが最 大の特徴です。スタート時の申し込み者と相手方の関係はADRのプロセスにも大 きく影響することになり最重要なステージになります。今回は申し込み人と相手 方を橋渡しするケースマネージャーの役割とADRにおける当事者同士の相互影響 についてのエッセンスを皆さんと考える機会にしたいと思います。

    ◇全体構成

          (1)開会、代表理事挨拶

          (2)第1部 実務研修(講演)

          (3)第2部 実務情報交換会 

                  日本ADR協会からの報告、意見交換、質疑

         ※終了後、懇親会開催

 4.お申込み方法

   申込書に必要事項をご記入のうえ,2月12日(金)までに,本協会事務局まで
   電子メール(jadra_sec@shojihomu.or.jp)またはFAX(03-5643-7186)にて
   ご送信下さい。折り返し,お申込み受理のご連絡をさせていただきます。
   <参加費> ・正会員・賛助会員 : 年会費1口につき1名無料
   ______・会員以外の方(1名につき): 第1部・第2部を通じて3,000円
   __________________(懇親会費用として別途2,000円)
   _____
_※ 参加費は,当日受付で徴収させていただきます。   


プログラム概要および参加申込書のダウンロード

 

■2015.11.9
  「 (大阪)実務研修・実務情報交換会」
(主催:日本ADR協会)
 

 

■2015.9.30
  「Japan: 2nd Annual International Arbitration Summit」のご案内
  1.日 時 : 2015年10月20日(火) 午前9時00分〜午後5時30分(終了後,懇親会:Networking Cocktail Party)
  2.会 場 : ハイアット・リージェンシー・東京 地下1階 白鳳
          東京都新宿区西新宿2−7−2 / TEL:03-3348-1234

  3.お申込み方法 : 
   添付の申込書に必要事項記載の上、本協会事務局まで
   電子メール(jadra_sec@shojihomu.or.jp)にて
   ご送信下さい。折り返し,お申込み受理のご連絡をさせていただきます。
   <参加費> 日本ADR協会は、支援組織となっております。

        ・JADRA会員は、参加無料(席に限りがありますので,お早めに申請をお願いいたします。)

 

■2015.5.20
  「 シンポジウム・実務情報交換会」
(主催:日本ADR協会)
  1.日 時 : 2015年7月10日(金) ( 14時〜17時)
  2.会 場 : 商事法務研究会 会議室
          東京都中央区日本橋茅場町3−9−10
  3.概要:  

    ◇テーマ: ADRの手続実施者を対象とする研修の実状と課題

    ◇全体構成

          (1)開会、挨拶

          (2)シンポジウム・実務情報交換会(150分)

          (3)日本ADR協会からの報告、意見、質疑(20分ー30分)

          (4)閉会

    ◇プログラム概要及び参加申込書のダウンロード

    ◇なお、当日、シンポジウムの様子は以下のURLからもご覧いただけますので(パスワード等はございません)、

     是非アクセスください。  http://www.ustream.tv/channel/jadra 8月12日午前中まで閲覧可能です。

 

■2015.4.7
  「 調停人(メディエーター)養成講座のご案内」
(主催:日本仲裁人協会)
  1.日 時 : 2015年7月18日(土) ― 7月20日(月・祝)

          (時間:1日目:11時〜17時、2日目:9時30分〜17時、3日目:9時30分〜16時
  2.会 場 : 飯田橋レインボービル2階中会議室
          大阪市北区西天満1丁目12番5号
  3.概要:  

    ◇対象: 調停について一定の知識のある方

    ◇講師: 稲葉一人(元大阪地方裁判所判事・中京大学法科大学院教授)

          入江秀晃(九州大学法学部准教授(紛争管理論)

    ◇定員:40名(定員に達し次第締め切り)

    ◇受講料: 5万円(資料代含む)ただし日本仲裁人協会会員は4万円)

    ◇詳細については、添付のPDFをご参照下さい。

      調停人養成講座(基礎編)のお申し込み募集のお知らせ(PDF)


  4.お申込み方法 : 
    
詳細は日本仲裁人協会のホームページをご覧ください。

 

■2015.1.5
  「実務研修・実務情報交換会(大阪)のご案内」
  1.日 時 : 2015年2月6日(金) 午後2時〜5時(終了後,懇親会)
  2.会 場 : 大阪弁護士会館 1205号室(12階)[懇親会:1401号室(14階)]
          大阪市北区西天満1丁目12番5号

  3.お申込み方法 : 
   申込書に必要事項をご記入のうえ,1月30日(金)までに,本協会事務局まで
   FAX(03-5643-7186)または電子メール(jadra_sec@shojihomu.or.jp)にて
   ご送信下さい。折り返し,お申込み受理のご連絡をさせていただきます。
   <参加費> ・正会員・賛助会員 : 年会費1口につき1名無料
   ______・会員以外の方(1名につき): 第1部・第2部を通じて3,000円
   __________________(懇親会費用として別途2,000円)
   _____
_※ 参加費は,当日受付で徴収させていただきます。   

プログラム概要および参加申込書のダウンロード

 

■2014.11.18
  「実務研修・実務情報交換会(東京)のご案内」
  1.日 時 : 2014年11月7日(金) 午後1時30分〜5時(終了後,懇親会)
  2.会 場 : 公益社団法人商事法務研究会 3階会議室(懇親会:2階会議室)
          東京都中央区日本橋茅場町3-9-10 / TEL:03-5614-5672

  3.お申込み方法 : 
   申込書に必要事項をご記入のうえ,10月31日(金)までに,本協会事務局まで
   FAX(03-5643-7186)または電子メール(jadra_sec@shojihomu.or.jp)にて
   ご送信下さい。折り返し,お申込み受理のご連絡をさせていただきます。
   <参加費> ・正会員・賛助会員 : 年会費1口につき1名無料
           ・会員以外の方(1名につき): 第1部・第2部を通じて3,000円
                             (懇親会費用として別途2,000円)
           ※ 参加費は,当日受付で徴収させていただきます。
   
プログラム概要および参加申込書のダウンロード

■2014.10.16

シンポジウム開催のご案内

    
日 時: 2014年 7月11日(金) 14時〜17時 (予定。終了後、懇親会)
     会 場: 京都弁護士会会館・地下大ホール(京都市中京区富小路通丸太町下ル)
    主 催 一般財団法人日本ADR協会(JADRA)主催
「相談機関とADR機関の連携のあり方について」のご案内
参加申込書


■2014.1.16
 「実務研修」(東京開催)のご案内

    
日 時: 2014年 2月21日(金) 14時〜17時 (予定。終了後、懇親会)
    会 場: 公益社団法人商事法務研究会 2階会議室 (東京都中央区日本橋茅場町3−9−10)
    ■第1部 実務研修「相談者の心理と対応の技法」
                    講 師: 消費者相談コンサルタント  清水 武夫 氏
    ■第2部 JADRAからのご連絡
      ・ADR法改正状況について
      ・シンポジウムに向けた意見照会
    終了後、別会議室において<懇親会>を開催いたします。      ご案内・お申込み方法

■2013.10.25
 「実務研修・実務交流会」(大阪開催)のご案内
  
    日 時: 2013年11月29日(金) 13時30分〜17時(終了後、懇親会)
      会 場: 大阪弁護士会館 会議室 (大阪市西区北天満1−12−5)
    【実務研修】
      テーマ:
「相談者の心理と対応の技法」
      講 師: 清水武夫氏
    【実務交流会】
      ■最近のADRを巡る動きについて     
      ■ADR法改正状況について
      ■【報告】ADR協会の最近の取り組み
              ※ 会員外の方もご参加いただけます(会員は1口1名につき参加費無料)。
                詳細・お申込み方法についてはご案内(PDFファイル)をご覧下さい。    
ご案内


■2013.5.30
 協会のホームページをリニューアルいたしました
   会員の皆さまへの情報発信の場としてご利用いただきたく、本サイトに関しご意見・ご要望があればお寄せ下さい。

 
第4回シンポジウムの開催概要が決定しました
                                         ■ご案内(PDF)
    日 時: 2013年7月12日(金) 午後1時30分~6時(終了後、懇親会を予定してます)
    会 場: 商事法務研究会 会議室
    概 要: 第1部  シンポジウム「近時のADRを巡る動き」
            第2部  実務情報交換会「利用者目線のADR~一般利用の促進策」

     詳細・お申込み方法については「ご案内」をご確認ください。          
     会員をはじめ、多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

 
アンケートご協力のお願い
    上記シンポジウムに先立ち、「ADR機関と相談機関との連携に関するアンケート調査」を実施しております。
    アンケート票をお送りしました皆さまには、お忙しいところ恐れ入りますが、ご協力賜りますよう、
    よろしくお願い申し上げます。              
                                   詳細は、■こちらよりご確認いただけます。

 会員の皆さま
  
「仲裁とADR(vol.8)」(仲裁ADR法学会 著)を5月29日に発送しております。ご到着をご確認ください。
  ・ご登録内容にご変更があった場合は、事務局までご連絡お願いします。









 copyright©2013 Japan ADR Association all rights reserved.